こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. グローバル・スタディーズ研究科ホーム
  2.  > 教育活動
  3.  > 修士論文 2012年度

修士論文

修士論文 2012年度

※は研究課題

アメリカ研究クラスター(アメリカ研究科含む)

  • ※The Rise of Inequality: Low income Housing Institute as a remedy for homelessness
  • シンディー・シャーマンの作品における記憶
  • 「終の住処」の選択と決定 ―アメリカ合衆国ニューヨーク州イサカの2つの大学連携型リタイアメントコミュニティを事例として―
  • "To Beat the Devil" in a Fence: The Bluebird Café, Commercial Songwriters, and the Music Industry in Nashville, -Tennessee
  • アメリカが求めた映画と戦後日本の民主主義 ―占領期の日本映画に現れた男性と女性―
  • 太平洋戦争前のカリフォルニア移民社会における金融活動
  • Bridging the Japanese American Legacy with Multicultural Solidarity: The Case Study of Los Angeles Based Cultural Worker, Tad Nakamura
  • Political Activist in Chinatown during the Civil Rights Era
  • ※日本の中学社会科教科書にみる日米関係に関する記述の変遷 ―戦後から日米安全保障条約改定後まで―



'現代アジア研究クラスター

  • 植民地朝鮮における「鮮米擁護運動」に関する研究
  • フィリピン地方部における多国籍企業の地域コミュニティに与える影響 ―米国資本シェブロンを事例に―
  • 明治期の入蔵僧、能海寛像の再検討 ―中国辺境地域における一次資料と通して―
  • シンガポールにおけるアイデンティティ・ポリティクス ―再構築されるプラナカン概念と文化をめぐる政治性―
  • 女性の国際移住労働問題とアジアで働くフィリピン人家事労働者のエンパワーメントについて ―香港と韓国のフィリピン人家事労働者の事例を中心に―
  • 中国農民の陳情活動の実態分析と中国の法治化社会構築への考察 ―広東省烏坎村の「集団騒壤事件」を事例として
  • ※A Study of the Framework and Roles of the Ministry of Environment: And Different Stakeholders in Nepal’s Climate Change Governance
  • 中国の都市化と流動人口 ―大連市旅順口区を事例として―
  • 中国若者の対日イメージの変遷 ―1980年代に誕生した「八〇后」世代を中心に―
  • 中国・天津市における社会移動の実態と決定メカニズムに関する実証分析 ―1997年と2008年天津市民アンケート調査に基づいて―
  • With Friends Like These: Chinese Views of North Korea in the 2000s (2000-2009)
  • 中国における都市・農村間格差の実態とその背景 ―胡錦濤政権下の10年間を中心に(2003~2012年)―

グローバル社会研究クラスター

  • 人身取引被害者の社会再統合支援の課題 ―フィリピン政府とNGOのパートナーシップの考察―
  • イギリスにおける移民の統合問題と多文化主義
  • ※メキシコにおけるストリート・チルドレン化予防活動の実態 ―プエブラ市JUCONIの家族を対象とするプログラムを中心に―
  • マイノリティから見たトルコ共和国の変容 ―アレヴィーと平等の問題を軸に―
  • ※バングラディシュにおける雇用創出による農村女性のエンパワーメント ―フェアトレード事業を事例に―
  • ルワンダにおける少数派トゥワの現状 ―ポストジェノサイド期の政策課題―
  • ※インターナショナルスクールにおける国際教育 ―日本を事例に―
  • ユネスコ無形文化遺産保護活動の現状と課題 ―キルギス共和国・マナス叙事詩を題材に―
  • 「ビジャーブ・ファッション」が可視化するもの ―細分化する着用者たちのアイデンティティ―
  • 資源依存型経済とナゴルノ・カラバフ紛争 ―アゼルバイジャンの和平プロセスを事例に―
  • ※HIV/AIDS education in public school in the Philippines and its practice
  • ※キーセン観光から「慰安婦」問題へ ―戦後日本の女性運動の足跡をたどって―
  • 同化と排除の狭間で ―問われるフランス共和制―
.