こちらに共通ヘッダが追加されます。
ニュース
  1. グローバル・スタディーズ研究科ホーム
  2. > 2015年度のニュース一覧
  3.  > 【TV出演】 NHKクローズアップ現代

Topics & Media

【TV出演】 NHKクローズアップ現代

'16年1月28日 更新

厳 善平 本研究科教授出演の番組が放送されます。


•放送日:2016年1月28日(木)午後7時30分~7時56分
•番組名:NHK 「クローズアップ現代」
•内 容:「一人っ子政策」は廃止されるけど…~中国 少子高齢化のジレンマ~」
•出演者:厳 善平 教授 (同志社大学大学院グローバル・スタディーズ研究科)

〈番組内容〉
今月1日から、中国政府は30年以上続けてきた「一人っ子政策」を廃止し、2人の子どもを産むことを認めた。大きな政策転換の背景には、急速に進む少子高齢化や労働力人口の減少がある。一人っ子政策の「模範県」では、子どもが減少し、この10年で小学校が半減。製造現場などでは労働力不足が深刻になるなど、経済への影響が懸念されている。そうした中での政策転換に、期待が集まる一方で、その効果を疑問視する見方も出ている。中国では都市部を中心に、教育費の高騰などで子育ての負担は大きく、2人目を望まない夫婦も多いのだ。さらに、一人っ子政策が産んだ“負の遺産”にも、改めて注目が集まっている。“2人目”として生まれたものの戸籍がない、いわゆる「ヘイハイズ(無戸籍児)」の問題だ。中国全土で少なくとも1300万人にのぼると見られ、その存在を認めてほしいと、いま各地で声を上げ始めている。様々な矛盾を抱えながらも、歴史的な政策転換に踏み切った中国。今後少子高齢化を緩和させ、安定した経済成長を続けていけるのか。「一人っ子政策」廃止後の大国の行方を展望する。 (番組ホームページより引用)

番組ホームページ

.