こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. グローバル・スタディーズ研究科ホーム
  2.  > 研究科概要
  3.  > 人材養成の目的

人材養成の目的、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー

人材養成の目的

博士課程(前期課程)

グローバル・スタディーズ研究科グローバル・スタディーズ専攻博士課程(前期)は、アメリカ研究,現代アジア研究,グローバル社会研究の3つのクラスターに分かれ、 どのクラスターにおいても、高度な言語運用能力及びコミュニケーション能力を涵養するとともに、学際的,総合的アプローチを基礎に、研究課題を自ら発見し、論理的に議論を展開する能力等を身につけさせ、国際機関、公共機関、国際ビジネスに携わる企業、報道機関等、異文化社会間の国際交流・理解の推進に貢献できる専門的人材を養成することを目的とします。

博士課程(後期課程)

グローバル・スタディーズ研究科グローバル・スタディーズ専攻博士課程(後期)は、アメリカ研究,現代アジア研究,グローバル社会研究の3つのクラスターに分かれ、 どのクラスターにおいても、世界の研究者などと国際共同研究プロジェクトを計画立案、推進、完遂できる十分な言語・コミュニケーション能力や、グローバルなスタンダードに見合った創造力を涵養し、研究機関、国際協力機関等で活躍できる研究者および高度専門職業人を養成することを目的とします。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

博士課程(前期課程)

知識グローバル社会が直面する課題を人文科学から社会科学まで見渡せる学際的知見に基づいて理解できるようになる。
態度グローバル社会が直面する課題を積極的に発見し、その公正な解決方法を学術的に探究できるようになる。
技能グローバル社会が直面する課題を解決するために、諸言語を適切に運用できるようになる。

博士課程(後期課程)

知識グローバル社会が直面する課題を、研究者・専門職業人として高度な学際的知見に基づいて理解できるようになる。
態度グローバル社会が直面する課題を積極的に発見し、研究者・専門職業人として独創的かつ高度な解決方法を学術的に探究できるようになる。
技能グローバル社会が直面する課題を解決するために、研究者として共同で研究プロジェクトを推進し、または専門職業人としてプロジェクトを推進できるようになる。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

博士課程(前期課程)

ディプロマ・ポリシーに示した人材を養成するために、必修科目および選択必修科目の他に、選択科目Ⅰ~Ⅲによって構成されるカリキュラムを設置する。
3つのクラスター(アメリカ研究クラスター、現代アジア研究クラスター、グローバル社会研究クラスター)共通の必修科目「グローバル・スタディーズ研究入門」では、地球規模の課題を考究するための視角について理解することを目標とする。また、選択必修科目では、多角的な研究視座を習得することを目指し、「現代アメリカと世界」「現代アジアと世界」「グローバル社会の課題」「比較地域論」の中から2科目以上履修する。
クラスター必修科目「理論と方法」、「演習Ⅰ・Ⅱ」、「総合演習」では、当該領域の基本的な理論と研究方法について学習することを目標とする(アメリカ研究クラスターでは、それらに加えてクラスター必修科目「現代アメリカ社会論」を、現代アジア研究クラスター、グローバル社会研究クラスターでは、それらに加えてクラスター必修科目「演習Ⅲ」を履修する)。
中核テーマを講義する選択科目Ⅰ、より具体的課題を講じる選択科目Ⅱを各クラスターに配置し、選択科目Ⅰ、選択科目Ⅱの中からそれぞれ2科目以上履修する。さらに、個別・特殊テーマを扱う選択科目Ⅲを配置する。
必修科目2単位、選択必修科目4単位以上、およびクラスター必修科目10単位、選択科目Ⅰと選択科目Ⅱのクラスター科目各4単位以上を含み、合計30単位以上履修する。

博士課程(後期課程)

後期課程修了者は、高度な専門知識を活かして、学術機関ないしは社会の要請に応える専門職業人となることが想定されている。後期課程では研究テーマをより深め、先端的な研究課題を設定しながら、自立した研究を行うことが求められる。各クラスターにテーマ別に設置された「研究指導科目」では、1年次から3年次まで指導教員により一貫した研究指導が行なわれる。また、セメスター制で開講される「特殊研究」では、先行研究の検証、研究手法の習得を含めた指導が行なわれ、短期サイクルで研究成果を報告・発表することが求められる。
.