こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. グローバル・スタディーズ研究科ホーム
  2.  > 教員紹介
  3.  > 教員一覧
  4.  > アメリカ研究クラスター(池田 啓子)
前へ次へ

アメリカ研究クラスター

氏名池田 啓子(イケダ ケイコ)
研究者データベース(オリジナルサイト)
業績一覧
研究室志高館266
E-mail: kikeda@mail.doshisha.ac.jp
池田 啓子

研究分野

アメリカ社会・文化の人類学的研究

学生へのメッセージ

私は、アメリカ研究では数少ない人類学者です。 人類学は、社会科学の他の分野に比べて、日本の大学ではまだ認知度が低いですが、 欧米諸国では、社会・人文科学の理論的バックボーンを提供する創造的な分野として確立しています。
私がイリノイ大学大学院で人類学の魅力の虜になったのは、この学問分野が、私たちが普段「あたりまえ」と思い込んでいることは、 実は人間社会のあり方の多様な可能性のたった一つでしかないという事実を常に突きつけ、人間とはなにかという問いを追求しながら、 社会の変革の可能性を示唆してくれるからです。
日本には、アメリカのことは他の外国に比べてよく知っているという思い込みがあります。
しかし、人類学的なアプローチで「アメリカ」を見ると、私たちが想像もしていなかったような「アメリカ」が見えてきます。
自分の思考の枠を超えて、あたらしい地平を模索したいと思っているあなた、一緒に研究しませんか?

I am one of the very few anthropologists studying the United States. I was originally a sociology major but was drawn to anthropology because anthropology forces us to realize that what we take for granted in the society where we grew up is just one of the many possibilities of being human, and this realization leads us to fresh visions and social change. The United States is often seen as standing above “cultures,” and tends to escape anthropological scrutiny. And yet, in this time of changing world order, it is critically important to examine the complexities of the human condition in American lives, and to situate them in relationship to the lives of those in other parts of the world. Anthropological approaches enable us to discover an America--or rather “Americas”--that we never knew before. Come and work with me to expand your horizons and seek a vision for the future.
.