こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. グローバル・スタディーズ研究科ホーム
  2.  > 教員紹介
  3.  > 教員一覧
  4.  > グローバル社会研究クラスター(菊池 恵介)
前へ次へ

グローバル社会研究クラスター

氏名菊池 恵介(キクチ ケイスケ)
研究者データベース(オリジナルサイト)
業績一覧
著書紹介
研究室志高館272
E-mail: kkikuchi@mail.doshisha.ac.jp
菊池 恵介

研究分野

格差・貧困問題
レイシズム研究
フランス地域研究

プロフィール

わたしは学部時代にフランス語を学んだ後、ベルギー、そしてフランスの大学で哲学を専攻しました。歴史哲学や解釈学が、当時の研究テーマでした。また、こうして歴史叙述をめぐる問題を理論的に考察する一方、ヨーロッパや東アジアにおける政治暴力の記憶や戦後責任の問題にも関心を寄せてきました。二〇〇三年に帰国し、教えるようになってからは、世界的な階層格差の拡大や排外主義の台頭など、グローバル化にともなう諸問題に取り組んでいます。

学生へのメッセージ

近年の日本社会では、金融市場の自由化や雇用の流動化などが急ピッチで進められてきました。これらの措置は、日本がグローバル化に対応するために不可欠であり、雇用促進策としても有効だというのが、政府や財界、そしてマスコミの主張でした。しかし、構造改革が進むにつれて、非正規雇用者の数が増大し、階層格差が拡大するなど、しだいに貧困問題が顕在化するようになりました。また、市場論理が強化され、苛烈な競争から振り落とされる不安が社会に拡大するとともに、排外主義やレイシズムが息を吹き返すという懸念すべき事態も生じています。
わたしの授業や演習では、これらのグローバル化にともなう諸問題を、1970年代末以降のヨーロッパ諸国の経験との対比で考察します。というのも、いま日本社会が直面している事態は、戦後の高度成長が終焉し、「福祉国家の危機」が唱えられるようになった70年代以降のヨーロッパの経験に良く似ているからです。こうして、新自由主義による国家の再編を検証すると同時に、現代レイシズムの変貌をたどることが、当面の課題です。

Au cours de ces vingt dernières années, le Japon s’est lancé dans une vaste série de réformes néo-libérales ; la dérèglementation du marché financier ainsi que la flexibilisation du marché du travail étant, selon les médias et les responsables politiques, indispensables pour moderniser le pays et lutter efficacement contre le chômage... Or, l’envers de ces réformes fut, bien entendu, la généralisation du travail précaire et le creusement des inégalités entre classes sociales.
Un autre phénomène, non moins préoccupant découlant de ces grandes transformations, est la montée des discours xénophobes et racistes au sein de la société civile dont la cible privilégiée est la minorité d’origine coréenne issue de la colonisation : le sentiment d’insécurité et d’abandon ressenti par les laissés-pour-compte de la mondialisation, se retournerait ainsi contre les membres de ces groupes minoritaires, ressuscitant de vieux préjugés remontant à la période coloniale.
Ce que je me propose dans le cadre des Global Studies à Doshisha, c’est d’analyser ces phénomènes relatifs à la mondialisation (crise de l’état providence, réforme néo-libérale, précarité et racisme), en comparaison avec l’expérience des pays européens depuis la fin des années 1970. Car la crise sociale que traverse aujourd’hui le Japon peut être mise en parallèle avec celle vécue par les pays occidentaux depuis la fin des Trentes Glorieuses. Il s’agira ainsi d’examiner le bien-fondé des discours néo-libéraux et d’observer les métamorphoses du racisme dans nos sociétés post-coloniales.
.