こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. グローバル・スタディーズ研究科ホーム
  2.  > 教員紹介
  3.  > 教員一覧
  4.  > グローバル社会研究クラスター(松久 玲子)
前へ次へ

グローバル社会研究クラスター

氏名松久 玲子(マツヒサ レイコ)
博士後期課程教授
研究者データベース(オリジナルサイト)
業績一覧
著書紹介
研究室志高館282
E-mail: rmatsuhi@mail.doshisha.ac.jp
松久 玲子

研究分野

比較教育学
ラテンアメリカ地域研究

プロフィール

高校時代にアメリカ合衆国に留学し、スペイン語圏の広がりを実感して、大学ではスペイン語を勉強しました。そこで、ラテンアメリカの教育に興味を持ち、大学院では比較教育学を専攻しました。中米のニカラグアやメキシコの調査で、ラテンアメリカの女性たちの社会進出や政治活動を目の当たりにし、当時ほとんど日本では知られていなかったラテンアメリカのフェミニズム運動について研究を始めました。
メキシコでの在外研究中は、メキシコ大学院大学の研究者たちと共同研究をしました。現在も、他のラテンアメリカ研究者たちとともに、ラテンアメリカ・ジェンダー研究会をしています。

学生へのメッセージ

研究科では、グローバル社会におけるジェンダーと教育の問題、そしてラテンアメリカの教育に関する授業を担当しています。私たちは、学校に行くこと、教育を受けることは当然だと思っているかもしれません。しかし、世界には貧困や差別などによって、十分な教育を受けられない人々が、まだまだ数多くいます。教育を受ける権利は、人間の基本的な権利の一つであり、人々は教育に様々な可能性を見出してきました。国際社会は、「すべての人々に教育を(EFA)」という方針を掲げ、人間開発において教育は不可欠の要素と考えています。そして、近代において形成された公教育システムが、国際的な支援の下でさまざまな地域で普及しています。教育は、人間の発展のために無限の可能性をもつものであると同時に、既存の社会の再生産装置としての役割も担ってきました。教育のグローバル化が進むと同時に、一方で、地域の内発的な発展に応じた教育の必要性が求められています。ラテンアメリカ地域や他の地域の教育を比較しながら、ジェンダーを含むさまざまな切り口で教育の可能性について、共に学んでみませんか。

Soy Reiko Matsuhisa, profesora de educación comparada y estudios de Latinoamérica, doy la clase de “educación y género” y la clase de “política educativa en Latinoamérica” desde el punto de vista del género en el posgrado.
La educación desempeña un papel muy importante en la reproducción de la sociedad y en la formación de individuos bajo las normas y reglas sociales establecidas, a la vez abre infinitas posibilidades para el desarrollo humano, de ahí que el derecho a la educación sea uno de los derechos fundamentales del ser humano. Sin embargo, en el mundo todavía hay muchos niños y niñas que no pueden recibir educación por causa de la pobreza, por discriminación u otras razones. La educación tiene multiples facetas que para nosotros que nos parece natural asistir a la escuela y recibir educación escolar nos son desconocidas.
Los invito a estudiar e investigar conmigo sobre la educación desde diversas perspectivas analíticas y comparar las políticas educativas de cada región.
.