こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. グローバル・スタディーズ研究科ホーム
  2.  > 教員紹介
  3.  > 教員一覧
  4.  > 現代アジア研究クラスター(小山田 英治)
前へ次へ

現代アジア研究クラスター

氏名小山田 英治(オヤマダ エイジ)
研究者データベース(オリジナルサイト)
業績一覧
著書紹介
研究室志高館274
E-mail: eoyamada@mail.doshisha.ac.jp
小山田 英治

研究分野

途上国および新興国における開発とガバナンス問題

プロフィール

国連と世界銀行といった国際機関(インドネシア、東チモール、パレスチナ、日本)に17年間、そして過去10年間はフィリピン(フィリピン大学)、インドネシア(インドネシア大学・パラマディナ大学)、香港(香港大学)の海外の大学でガバナンスや開発問題を教え、研究してきました。今日に至るまで政府機関、国際機関、研究機関、民間(開発コンサルタント)、国際NGOといった様々な機関の勤務経験を通じて政府のグッド・ガバナンスと国家の開発問題に触れ、考えることが出来ました。グローバル・スタディーズ研究科ではこの経験を少しでも生かせればと思っております。

学生へのメッセージ

長い途上国での生活を通じ目のあたりにしたことは、政府の構造、制度、政策次第でその国の開発や成長、そして国民の選択肢がいとも簡単に左右されるということです。講義では、途上国の視点から見た開発問題を考え、取り分け政府の役割(ガバナンス問題)について様々な角度から取り上げていきます。学生諸君には研究活動を進める上でも積極的に途上国に行ってもらい、現地の人々との交流を通じて開発問題の意義について考えてもらいたいと思っています。

My studies focus on analyzing development issues from the perspective of developing countries mainly ASEAN countries and countries in transition, and then going in depth to further analyze the role of the government from various angles such as graft and corruption, transparency and accountability of the government, etc. In pursuing these studies with me, students will be taught and guided by sharing my experience and expertise acquired from the United Nations, World Bank (Indonesia, East Timor, Palestine, Japan)、NGOs and the governments of developing countries, as well as teaching governance and development issues for the past 10 years at universities in the Philippines (University of the Philippines), Indonesia (Gadjha Mada University, University of Paramadina) and Hong Kong (Hong Kong University). Through living and working with people in developing countries, I have encountered the actual circumstances in governmental structures, regulations, development of the countries depending on strategies, and the attitude of the citizens being influenced in making choices. Students are encouraged to visit developing countries and to interact with the local people and various organizations to study and analyze development issues in depth.
.