教育内容

博士論文

ず
グローバル・スタディーズ研究科 および 前身となるアメリカ研究科の学位授与状況です。
審査要旨および論文は同志社大学学術リポジトリに掲載されています(2013年度以前の論文は審査要旨のみ)。

甲(課程博士)


氏名学位授与
年月日
論文題目
權 大聖
(グローバル・スタディーズ研究科)
博士
(現代アジア研究)
2020/9/19Rethinking International Student Migration in Japan:
Imagined Global Jinzai in the Absence of Immigration and
Cosmetic Internationalization of Higher Education
(日本における留学生移住の再考 ― 移民の不在と高等教育のコスメティックな国際化に想像された高度人材 ―)
KHALILI MOSTAFA
(グローバル・スタディーズ研究科)
博士
(グローバル社会研究)
2020/9/19Everyday Ethnicity of Kurmanji Speaking Kurds in Iran; A Case in Political Anthropology
(政治人類学的事例研究;イランにおけるクルマンジー方言話者クルド人の日常のエスニシティ)
NGUYEN QUYNH ANH MAI
(グローバル・スタディーズ研究科)
博士
(現代アジア研究)
2020/9/19Financial Services for the Poor in Vietnam: A Comprehensive Analysis on the Performance and Sustainability of Microfinance Sector
(ベトナムにおける貧困層向けの金融サービス:マイクロ・ファイナンス部門の実施状況と持続性における包括的分析)
室仁 多日帝
(グローバル・スタディーズ研究科)
博士
(グローバル社会研究)
2020/9/19Post-Election Violence and Governance in Kenya:
The Rise and Fall of the Truth, Justice, and Reconciliation Commission (TJRC)
(ケニアにおける選挙後の暴力と統治:真実正義和解委員会(TJRC)の興亡)
西村 直登
(グローバル・スタディーズ研究科)
博士
(現代アジア研究)
2020/3/21関東大震災朝鮮人虐殺をめぐる朝鮮人の生と記憶要旨・本文
森山 拓也
(グローバル・スタディーズ研究科)
博士
(グローバル社会研究)
2020/3/21トルコの民主化における環境運動の役割
―権威主義に対抗する反原発運動のフレーミング戦略―
要旨・本文
井口 裕紀子
(グローバル・スタディーズ研究科)
博士
(アメリカ研究)
2020/3/21現代アメリカにおけるソーシャルメディアから広がるフェミニスト・ムーブメント要旨・本文
MUCHETU RANGARIRAI GAVIN
(グローバル・スタディーズ研究科)
博士
(グローバル社会研究)
2020/3/21RESTRUCTURING AGRICULTURAL COOPERATIVES IN THE STATE-MARKET VORTEX: The Cases of Zimbabwe and Japan(国家と市場に翻弄される農業協同組合の再建―ジンバブエと日本の事例)要旨・本文
MIRIAM CARYL DE LUNA CARADA
(グローバル・スタディーズ研究科)
博士
(グローバル社会研究)
2019/9/20The Role of Ecotourism in Resilience Building in Disaster Vulnerble Communities in the Phillippines
(フィリピンの災害脆弱なコミュニティにおけるレジリエンス構築に果たすエコツーリズムの役割)
要旨・本文
池端 千賀子
(グローバル・スタディーズ研究科)
博士
(アメリカ研究)
2019/3/21But Our Citizenship Is in Heaven: Making Christianity Japanese and Transnational, 1895-1945(「我ら国籍は天にあり」-「日本の」キリスト教と国境を超えたキリスト教-1895-1945)要旨・本文
永冨 真梨
(グローバル・スタディーズ研究科)
博士
(アメリカ研究)
2019/3/21Tokyo Rodeo: Transnational Country Music and the Crisis of Japanese Masculinities
(東京ロデオ:カントリー音楽の国境と日本人男性性の危機)
要旨・本文
米川 安寿
(グローバル・スタディーズ研究科)
博士
(グローバル社会研究)
2019/3/21内発的発展論における主体に関する考察-ネパールでの実証研究から-要旨・本文
霍 耀林
(グローバル・スタディーズ研究科)
博士
(現代アジア研究)
2019/3/21大正期における日本の対華政策の展開(1912-1919)
-日中衝突事件を中心に-
要旨・本文
陳 艶
(グローバル・スタディーズ研究科)
博士
(現代アジア研究)
2019/3/21中国農村部における貧困削減の政策と実態に関する研究要旨・本文
REHAB ABU-HAJIAR
(グローバル・スタディーズ研究科)
博士
(グローバル社会研究)
2019/3/21Biomedical Ethics in Cultural Diversity: The Principle of Autonomy in Islamic Culture
(文化的多様性の中の生命倫理:イスラーム文化における自己決定の原則について)
要旨・本文
朱 振兴
(グローバル・スタディーズ研究科)
博士
(アメリカ研究)
2018/9/20Chinese American Activism in the Cold War-Civil Rights Movement Era,1949-1972
(「冷戦期と黒人公民権運動から照らし出される、新たな中国系アメリカ人の社会運動史―1949年から1972年にかけて」)
要旨・本文
AHMET YASIR EREN
(グローバル・スタディーズ研究科)
博士
(グローバル社会研究)
2018/9/20The Process of Democratization with Conservative Parties in Turkey
(トルコの民主化過程における保守政党の役割)
要旨・本文
ABDALRAHMAN MOHAMED MIGDAD
(グローバル・スタディーズ研究科)
博士
(グローバル社会研究)
2018/9/20The Contribution of the Islamic Economic Theory and Institutions to Human Economic Security: The Case of the Islamic Redistributive Institution “Zakat” in Malaysia
(人間の経済安全保障に対するイスラームの経済理論と制度の貢献―マレーシアにおけるイスラーム再分配制度「ザカート」の事例研究)
要旨・本文
安田 昌史
(グローバル・スタディーズ研究科)
博士
(現代アジア研究)
2018/3/21戦後、京都の繊維産業における在日朝鮮人の労働-西陣織と京友禅を中心に-要旨・本文
中屋 昌子
(グローバル・スタディーズ研究科)
博士
(グローバル社会研究)
2018/3/21トルコは如何にしてムスリム・ディアスポラを受け入れたか-ウイグル亡命者の軌跡をたどる-要旨・本文
JABEEN BIBI SOOBRATTY
(グローバル・スタディーズ研究科)
博士
(グローバル社会研究)
2018/3/21Evolving from Multicultural to Intercultural Education in the Prospect of Sustaining Social Cohesion in the Small Island Developing States: A CASE STUDY OF THE EDUCATION SYSTEM IN MAURITIUS
(小島嶼の発展途上国において、社会的団結を維持するという展望のもとでの、多文化教育から異文化間教育への発展:モーリシャスの教育システムの事例研究)
要旨・本文
古波藏 契
(グローバル・スタディーズ研究科)
博士
(現代アジア研究)
2018/3/21自問する沖縄戦後史要旨・本文
李 凱航
(グローバル・スタディーズ研究科)
博士
(現代アジア研究)
2018/3/21明治末期における黄禍論批判―――「反人種主義」の逆説―――要旨・本文
桐山 節子
(グローバル・スタディーズ研究科)
博士
(現代アジア研究)
2017/9/20戦後沖縄の基地と軍用地料問題―地域を内部から問う女性運動―要旨・本文
VICK LUKWAGO SSALI
(グローバル・スタディーズ研究科)
博士
(グローバル社会研究)
2017/9/20Ethnicity and Federalism in Uganda: Grassroots Perceptions
(ウガンダにおけるエスニシティと連邦制 - 草の根の意識)
要旨・本文
魏 禕
(グローバル・スタディーズ研究科)
博士
(現代アジア研究)
2017/3/21中国の大都市における社会階層および階層移動に関する実証研究 ―天津市民アンケート調査に基づいた事例研究を中心に―要旨・本文
西 直美
(グローバル・スタディーズ研究科)
博士
(グローバル社会研究)
2017/3/21国家統合におけるイスラーム教育の役割:タイ深南部を事例として要旨・本文
安里 陽子
(グローバル・スタディーズ研究科)
博士
(現代アジア研究)
2017/3/21境界の歴史を語るということ―プラナカン・メスティーソ・琉球華僑―要旨・本文
PARVIZ AHMAD VALIZADAH
(グローバル・スタディーズ研究科)
博士
(グローバル社会研究)
2016/9/24Determinant Factors of Firm Performances in the Development of Traditional IndustrialClusters in Herat City, Afghanistan:The Application of M.E. Porter's Diamond Model from the Social Capital Perspective
(アフガニスタン・ヘラート市の伝統的産業クラスター開発における企業パフォーマンスの決定要因 -ソーシャル・キャピタル論の視点によるM.E.ポーターのダイヤモンド・モデルの応用)
要旨・本文
乾 敏恵
(グローバル・スタディーズ研究科)
博士
(グローバル社会研究)
2016/9/24ルワンダ農村の飲料水供給をめぐる住民意識の考察―ソーシャル・キャピタルとの関係性を中心に―要旨・本文
CASPER WITS
(グローバル・スタディーズ研究科)
博士
(現代アジア研究)
2016/3/21The Japan hands: China's people's diplomacy towards Japan, 1949-1972
(知日派 : 中国の対日人民外交、1949‐1972)
要旨・本文
THEODORE BONNAH
(グローバル・スタディーズ研究科)
博士
(グローバル社会研究)
2016/3/21A Cautionary tale: neoliberal discourse and the pedagogic function of the mediated Lost Japan narrative during the financial crisis
(訓話:経済危機で使われた米国メディアのロスト・ジャパン(迷い込んだ日本)説話の教育機能と新自由主義のディスコース)
要旨・本文
手塚 沙織
(グローバル・スタディーズ研究科)
博士
(グローバル社会研究)
2016/3/21高度人材のグローバル移動における国家の役割:知識集約型産業の拡大によるアメリカの高度人材に対する移民政策の立案過程の検証から要旨・本文
山本(地村) みゆき
(アメリカ研究科)
博士
(アメリカ研究)
2016/3/21"Truly Indian, Truly American" : native American activism and identity at the turn of the twentieth century
(「本物のインディアン、本物のアメリカ人」:20世紀転換期におけるアメリカ先住民のアクティヴィズムとアイデンティティ)
要旨・本文
NOVRI SUSAN
(グローバル・スタディーズ研究科)
博士
(現代アジア研究)
2016/3/3Democracy, land conflict and governance in Indonesia: a case study of land conflict in Lampung Province (2010-2012)
(インドネシアにおける民主主義、土地紛争そしてガバナンス : Lampung州における土地紛争問題(2010~2012年)を事例に)
要旨・本文
ABDUL HAMID
(グローバル・スタディーズ研究科)
博士
(現代アジア研究)
2015/9/26Observation of Democratic Decentralization in Indonesia during 2009-2014: Political Dynasty in Banten Province and Populism in Jakarta Province
(2009年から2014年におけるインドネシアの民主的地方分権に関する考察:バンテン州における政治ダイナスティとジャカルタ特別州におけるポピュリズムの台頭)
要旨・本文
IYAS SALIM ABU-HAJIAR
(グローバル・スタディーズ研究科)
博士
(グローバル社会研究)
2015/3/21Navigating the Soul of the Mavi Marmara:
Muslim civil society in Turkey and its transnational role in Palestine
(Mavi Marmaraの精神を巡って-トルコのムスリム市民社会とパレスチナにおける国際的役割-)
要旨・本文
PHILIP MATHEW
(グローバル・スタディーズ研究科)
博士
(グローバル社会研究)
2013/3/21Politicization of Religious and Cultural Identity in Kashmir Conflict 1989-2011:A Case Study of the Kashmir Minority Communities of Leh (Ladakh)
(カシミール紛争における宗教的・文化的アイデンティティの政治化(1989年~2011年) : ラッダーク地方レイ市のカシミール少数派コミュニティを事例に)
要旨
水島  新太郎
(アメリカ研究科)
博士
(アメリカ研究)
2012/9/20Representations of Masculinity and Homosociality in Cold War America: The Beat Generation and Male Homosocial Bonding
(冷戦期アメリカにおけるマスキュリニティとホモソーシャリティの表象-ビート・ジェネレーションと男同士の絆)
要旨
加藤  泰子
(アメリカ研究科)
博士
(アメリカ研究)
2012/3/21米国高齢者の生活の質についての研究:
多世代包摂性をめぐる地域コミュニティの4つの事例研究
要旨
MONICA RACOVITA
(グローバル・スタディーズ研究科)
博士
(グローバル社会研究)
2011/3/21Policies of Genetically Modified Crops in India: Food Security and Biosafety Politics
(インドにおける遺伝子操作作物生産をめぐる政治学―食の安全保障と生態系保全のポリティクス―)
要旨
ELISA MONTIEL WELTI
(グローバル・スタディーズ研究科)
博士
(グローバル社会研究)
2011/3/21Geographical Identification Method for Human Insecurity Areas: A New Conceptualization and Approach to Human Security Challenges
(地理情報システムによる『人間の安全保障』危険地帯の確定方法に関する学術的考察―人間の安全保障概念の課題とアプローチ法―)
要旨
WASANA SAMPATH HANDAPANGODA
(グローバル・スタディーズ研究科)
博士
(グローバル社会研究)
2011/3/21Transnational Labour Migration and Women's Empowerment in Sri Lanka: A Case Study of Migrant Housemaids in Gangawata Korale, Kandy District
(スリランカにおける出稼ぎ移民と女性のエンパワーメント―キャンディ郡ガンガワタ・コラルの移民経験者の世帯の分析を事例に―)
要旨
芝原  妙子
(アメリカ研究科)
博士
(アメリカ研究)
2010/3/21"We became women of the world": Japanese women in the interwar transnational feminist movement
(「いよいよ私どもも世界の婦人」-戦間期のトランスナショナル・フェミニズムにおける日本人女性たち-)
要旨
和泉 真澄
(アメリカ研究科)
博士
(アメリカ研究)
2004/1/22Japanese American Internment and the Emergency Detention Act (Title II of the Internal Security Act of 1950), 1941-1971: Balancing Internal Security and Civil Liberties in the United States
(日系人アメリカ人強制収容と緊急拘禁法、1941-1971―国家的非常事態における国内治安と市民的自由をめぐるアメリカ人の葛藤と記憶―)

乙(論文博士)


氏名学位授与年月日論文題目
三島 恵実子博士
(アメリカ研究)
2019/3/7Beyond "White Supremacy:" White Reactions to The Clansman and The Birth of a Nation in New South North Carolina and Georgia
(「白人至上主義」の向こう側:ノースカロライナ州及びジョージア州における劇『クランズマン(1905)』と『國民の創生(1915)』に対する南部白人たちの評価)
柴田 修子博士
(グローバル社会研究)
2019/3/7メキシコにおけるサパティスタ民族解放軍の研究
―フレーミング論からの分析―
MOHAMED SHAREEF ASEES博士
(グローバル社会研究)
2014/3/6Internally Displaced Persons (IDPs) and Ethnic Minorities: A Case Study of Muslim IDPs in the Puttalam District of Sri Lanka.
(国内避難民とエスニックマイノリティー -スリランカのプットラム郡のムスリム国内避難民を事例に-)
要旨・本文
嶋田  晴行博士
(グローバル社会研究)
2012/9/20「国家建設」の内発性と継続性-アフガニスタンに見るその限界と可能性要旨 
平野  克己博士
(グローバル社会研究)
2011/9/15アフリカ問題-開発と援助の世界史要旨