1. グローバル・スタディーズ研究科ホーム
  2. 2021年度のニュース一覧
  3. 修士論文 博士論文予備審査・本審査 提出方法の変更のお知らせ

修士論文 博士論文予備審査・本審査 提出方法の変更のお知らせ

'21年11月22日 更新
新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、
GS研究科では次のように修士論文・課題研究および博士論文の提出受付方法を変更します。
■修士課程2年次以上の方へ

◎「修士論文、または課題研究」の提出方法の変更(2022年3月修了予定者)
(履修の手引きP.42参照)

<提出物>
①表紙  ②梗概  ③目次  ④論文(本文)  ⑤参考文献
⑥製本代納入済証1通(4,840円、志高館1階証明書発行機にて代金納入)
※課題研究提出者については⑥は不要

<提出方法>
履修の手引きの該当ページを確認のうえ、審査用に①~⑤をまとめてファイリングしたものを3部、及び製本用に①~⑤をまとめたもの(ファイリングしない)を2部、GS研究科事務室まで郵送または持参すること。
課題研究の場合は審査用に①~⑤をまとめてファイリングしたものを2部提出すること。
いずれも片面印刷とすること。
受付期間は2022年1月11日(火)~1月20日(木)、各日9:00~11:30、12:30~17:00。
郵送の場合は2022年1月20日(木)必着、持参の場合は2022年1月20日(木)17:00までに提出を完了すること。郵送の場合は送付記録が残る方法で送付すること。
※郵送による修士論文の提出者には、後日事務室より振込による製本代金の納入方法を案内する。

<注意事項>
・口頭試問は状況により、オンライン会議システム(ZOOM等)で実施する場合がある。

■博士課程3年次以上の方へ

◎「博士論文予備審査」の申請方法の変更(2022年9月修了予定者)
(履修の手引きP.63/P.68参照)

<提出物>
①申請書  ②業績書  ③論文要旨  ④執筆中の草稿論文

<提出方法>
履修の手引きの該当ページを確認のうえ、①~③を各1部、④を印刷しファイリングしたものを4部、GS研究科事務室まで郵送または持参すること。
郵送の場合は11月30日(火)必着、持参の場合は11月30日(火)17:00までに提出を完了すること。郵送の場合は送付記録が残る方法で送付すること。
なお、郵送の場合に限り、①については指導教員の署名・押印がなくても提出を可とするが、必ず提出前に指導教員に提出資料一式について確認を受け、提出の了解を得ること。

<注意事項>
・口頭試問は状況により、オンライン会議システム(ZOOM等)で実施する場合がある。

◎「博士論文」の提出方法の変更(2022年3月修了予定者)
(履修の手引きP.64/P.69参照)

<提出物>
①論文 ②論文要旨 ③学位論文審査願 ④履歴書 ⑤研究業績一覧 ⑥論文目録
⑦博士学位論文提出指導教員承諾書及び提出前チェックリスト ⑧写真

<提出方法>
1.履修の手引きの該当ページを確認のうえ、①~⑧をそれぞれ指定の部数準備し、GS研究科事務室まで郵送または持参すること。片面印刷とすること。
受付期間は11月19日(金)~11月30日(火)、各日9:00~11:30、12:30~17:00。
郵送の場合は11月30日(火)必着、持参の場合は11月30日(火)17:00までに提出を完了すること。郵送の場合は送付記録が残る方法で送付すること。
なお、郵送の場合に限り、⑦については指導教員の署名・押印がなくても提出を可とするが、必ず提出前に指導教員に提出資料一式について確認を受け、提出の了解を得ること。

<注意事項>
・口頭試問は状況により、オンライン会議システム(ZOOM等)で実施する場合がある。

※上記に関して質問がある場合はグローバル・スタディーズ研究科事務室までご連絡下さい。
新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、
GS研究科では次のように修士論文・課題研究および博士論文の提出受付方法を変更します。
■修士課程2年次以上の方へ

◎「修士論文、または課題研究」の提出方法の変更(2022年3月修了予定者)
(履修の手引きP.42参照)

<提出物>
①表紙  ②梗概  ③目次  ④論文(本文)  ⑤参考文献
⑥製本代納入済証1通(4,840円、志高館1階証明書発行機にて代金納入)
※課題研究提出者については⑥は不要

<提出方法>
履修の手引きの該当ページを確認のうえ、審査用に①~⑤をまとめてファイリングしたものを3部、及び製本用に①~⑤をまとめたもの(ファイリングしない)を2部、GS研究科事務室まで郵送または持参すること。
課題研究の場合は審査用に①~⑤をまとめてファイリングしたものを2部提出すること。
いずれも片面印刷とすること。
受付期間は2022年1月11日(火)~1月20日(木)、各日9:00~11:30、12:30~17:00。
郵送の場合は2022年1月20日(木)必着、持参の場合は2022年1月20日(木)17:00までに提出を完了すること。郵送の場合は送付記録が残る方法で送付すること。
※郵送による修士論文の提出者には、後日事務室より振込による製本代金の納入方法を案内する。

<注意事項>
・口頭試問は状況により、オンライン会議システム(ZOOM等)で実施する場合がある。

■博士課程3年次以上の方へ

◎「博士論文予備審査」の申請方法の変更(2022年9月修了予定者)
(履修の手引きP.63/P.68参照)

<提出物>
①申請書  ②業績書  ③論文要旨  ④執筆中の草稿論文

<提出方法>
履修の手引きの該当ページを確認のうえ、①~③を各1部、④を印刷しファイリングしたものを4部、GS研究科事務室まで郵送または持参すること。
郵送の場合は11月30日(火)必着、持参の場合は11月30日(火)17:00までに提出を完了すること。郵送の場合は送付記録が残る方法で送付すること。
なお、郵送の場合に限り、①については指導教員の署名・押印がなくても提出を可とするが、必ず提出前に指導教員に提出資料一式について確認を受け、提出の了解を得ること。

<注意事項>
・口頭試問は状況により、オンライン会議システム(ZOOM等)で実施する場合がある。

◎「博士論文」の提出方法の変更(2022年3月修了予定者)
(履修の手引きP.64/P.69参照)

<提出物>
①論文 ②論文要旨 ③学位論文審査願 ④履歴書 ⑤研究業績一覧 ⑥論文目録
⑦博士学位論文提出指導教員承諾書及び提出前チェックリスト ⑧写真

<提出方法>
1.履修の手引きの該当ページを確認のうえ、①~⑧をそれぞれ指定の部数準備し、GS研究科事務室まで郵送または持参すること。片面印刷とすること。
受付期間は11月19日(金)~11月30日(火)、各日9:00~11:30、12:30~17:00。
郵送の場合は11月30日(火)必着、持参の場合は11月30日(火)17:00までに提出を完了すること。郵送の場合は送付記録が残る方法で送付すること。
なお、郵送の場合に限り、⑦については指導教員の署名・押印がなくても提出を可とするが、必ず提出前に指導教員に提出資料一式について確認を受け、提出の了解を得ること。

<注意事項>
・口頭試問は状況により、オンライン会議システム(ZOOM等)で実施する場合がある。

※上記に関して質問がある場合はグローバル・スタディーズ研究科事務室までご連絡下さい。